MENU CLOSE

お知らせ

Channel PCR 第12回WEB抄読会(5月26日(木)20:00~20:30)のご案内

2022年5月26日(木)、当会Palliative Care Research(PCR)編集委員会による第12回WEB抄読会が開催されます。

■概要

Channel PCR 第12回WEB抄読会
日時:2022年5月26日(木)20:00~20:30
YouTube Live URL:https://youtu.be/HKQrvKVw7AA

司会)   関根 龍一 委員長
論文紹介者)浜野 淳 副委員長
発表者)  角甲 純 先生
技術担当) 新城 拓也 委員

■紹介論文

角甲 純先生:『呼吸困難を有する慢性進行性疾患患者に対する送風療法の有効性:システマティックレビュー・メタ解析』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspm/17/1/17_21-00072/_article/-char/ja/

緩和ケアの症状マネジメントでは、進行がんおよび非がん性呼吸器疾患の呼吸困難に対して、薬物療法や非薬物療法が提供されます。しかしながら、こうした呼吸困難に対する様々な治療やケアの効果に関する文献エビデンスは大きく不足しています。この理由として、全身状態が衰弱した緩和ケア患者に一律に、ランダム化比較試験のような、エビデンスレベルの高い研究プロトコールに適応することは患者さんに多大な負担を強いることになることなどが指摘されています。そうした難しさの中にあっても、私たちは緩和ケアの治療における臨床研究を進めていかねばなりません。

本論文は、呼吸困難の非薬物療法として用いられる送風療法の有効性について検証するため、メタ解析を試み、送風療法が緩和ケアの呼吸困難の治療として有効である可能性を示唆した意味で大変重要な論文といえます。

筆頭著者の角甲先生を演者に迎えまして、呼吸困難の評価に関する議論についてもこの論文を通じて、解説していただく予定です。

 ★PCR編集委員会から★

学会員、非学会員を問わずご視聴可能ですのでぜひ、ご参加ください!