日本緩和医療学会
English Page

サイトマップ
line
他の緩和医療関連のお知らせ
国内関連情報など
お知らせ
学術大会・その他

※ 本ページへの掲載をご希望の場合は、
国内関連情報などの掲載申し込みフォーム」 にて手続きを行って下さい。
※ スパムメール防止のため、E-Mailの「@」の部分を「●」に変えて掲載しています

令和元年度第1回コミュニケーション技術研修会(CST)
開催日時 2019年9月7日(土) 10:00〜18:00
終了日時 2019年9月8日(日) 9:00〜15:45
会場 国立がん研究センター
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
テーマ(主題) 患者―医師間のコミュニケーションの質の向上を目的としたコミュニケーション技術研修会
代表者 一般社団法人日本サイコオンコロジー学会 CST担当委員会 委員長 二宮 ひとみ(国立がん研究センター)
対象者 受講者資格:原則として次の事項に該当する方
 現在がん医療に携わっており、卒後4年以上の医師
見学者資格:
(1) 現在がん医療に携わっており、卒後4年以上の精神科医、心療内科医、心理職などメンタルヘルス専門の医療関係者
(2) 2日間全日程参加が可能な方
(上記の受講資格に該当しない方で見学を希望される方は、応募時に理由を詳しくご記入ください。受講の可否を検討のうえ、ご連絡いたします。)
※見学研修は研修会の「見学」のみでありロール・プレイの実施を含め、研修会を「受講」することはできません。
募集範囲 全国
プログラム内容 「悪い知らせ」を伝えられることは、患者、家族にとって衝撃的な出来事であり、その後の日常生活に大きな影響をあたえ、場合によっては治療の選択を誤らせることが知られています。また同時に「悪い知らせ」を伝える側の医療者にとっても大きなストレスを伴います。この研修会では、患者が納得した上で安心して治療法等の選択が出来るように、患者-医師間のコミュニケーションの質の向上を目的としています。
参加費 受講料
会員(日本サイコオンコロジー学会もしくは日本緩和医療学会 会員):60,000円
非会員:100,000円
見学料:20,000円
申込方法 お申し込みはオンラインで受け付けております。下記URLの「第1回受講者登録」「第1回見学者登録」ボタンより進み登録フォームに必要事項をご入力の上、登録してください。
http://www.share-cst.jp/03.html
問合せ先 〒112-0012 文京区大塚5-3-13-4F
日本サイコオンコロジー学会 CST担当
TEL : 03-5981-6016 / FAX : 03-5981-6012
E-Mail : cst●asas-mail.jp
WEBサイト http://www.share-cst.jp/03.html
認定病院患者安全推進協議会
2019年度第1回院内自殺の予防と事後対応のための研修会
開催日時 2019年9月28日(土) 10:30〜18:00
終了日時 2019年9月29日(日) 9:00〜17:00
会場 公益財団法人日本医療機能評価機構 9階ホール
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
TEL . 03-5217-2326
テーマ(主題) 重大医療事故である入院患者の自殺事故の予防と、自殺事故後の対応、そして事故後のスタッフケアについて学んでいただくとともに、自身の所属する病院における具体的なメンタルヘルス対策の実践を可能とする研修です。
代表者 研修プログラム責任者 河西 千秋(札幌医科大学医学部 神経精神医学講座 主任教授)
対象者 病院にご所属の方。病院の種別(一般・精神・療養)、精神科の有無は問いません。
参加者の職種・経験は問いませんが、研修会で得た知識とノウハウを病院に持ち帰り、院内で自殺予防・事後対応のプランニングや実務を担当する方の参加をお待ちします。
定員 36名
募集範囲 全国
プログラム内容
【講義】
病院内の自殺事故/自殺学の基本について(がん患者の自殺/ホットスポット対策等)/病院内での自殺予防の実践(2次予防)/3次予防/遺族外来
【実習】
ホットスポット対策/表情認知/コミュニケーション・傾聴/死にたい気持ちへの対応/スタッフケアの実践/自殺予防の対策・システム構築
参加費 認定病院患者安全推進協議会の会員病院にご所属の方 40,000円
それ以外の病院にご所属の方 45,000円
(税込、テキスト・DVD・昼食代込)事前振込制。お振り込みいただいた参加費は返金いたしませんので、予めご了承ください。
申込方法 以下のウェブサイトからお申し込みください。
https://www.psp-jq.jcqhc.or.jp/post/seminar/6220
申し込み締め切り 2019年8月29日(木)
定員になり次第受付終了。グループワーク中心の研修会のため、参加確定後のキャンセルはご遠慮ください。
問合せ先 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
公益財団法人日本医療機能評価機構
教育研修事業部 認定病院患者安全推進課
大鹿、横山  TEL : 03-5217-2326 / FAX : 03-5217-2331
E-Mail : p0031_info_psp_office●jcqhc.or.jp
WEBサイト https://www.psp-jq.jcqhc.or.jp/
日本死の臨床研究会教育研修委員会主催 2019年度 第2回 教育研修ワークショップ
開催日時 2019年11月2日(土) 9:30〜21:00
会場 TKP神戸三宮カンファレンスセンター
〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通6丁目1-12 三宮ビル東館 5階
テーマ(主題) 死の臨床におけるコミュニケーション
〜スピリチュアルケアを目指して〜
代表者 日本死の臨床研究会 教育研修委員会 長澤 昌子(岩手医科大学附属病院 高度看護研修センター)
対象者 参加の目的が「死の臨床におけるコミュニケーションを学ぶ」であること、職種は問いません。
定員 40名
募集範囲 全国
プログラム内容 少人数グループ討論、ロールプレイ、ミニレクチャー、演習、交流会などを中心にした参加型学習で、死の臨床における患者―医療者、家族―医療者、医療者―医療者間などのコミュニケーション技法を学びます。
参加費 日本死の臨床研究会会員:14,000円
非会員:18,000円
前納のみ受け付けます
(資料代・交流会費は含みますが、宿泊代や昼食代は含みません)
なお、交流会もワークショップの一部ですので不参加でも割引はありません。
申込方法 [11/2神戸 教育研修ワークショップ参加申し込み] と記載し、下記の事項を明記してウェブサイトの問い合わせフォームか、FAXのいずれかでお申し込みください。
氏名(必ずフリガナを)、連絡先の〒・住所・TEL、勤務先名称、職種、メールアドレス(連絡・レポート配信に必要)、会員番号(会員の場合)。
問合せ先 〒187-0012 東京都小平市御幸町131-5ケアタウン小平内
日本死の臨床研究会 本部事務局
FAX : 042-312-0025
WEBサイト https://jard-info.org/
第27回オンコロジーセミナー
開催日時 2019年11月16日(土)10:00〜16:55
会場 飯田橋レインボーホール 7階「大会議室」
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11
テーマ(主題) Patient-centeredの医療現場を目指して
代表者 NPO法人 がん医療研修機構 理事長 谷川原 祐介
対象者 参加資格:医療従事者のみを対象
定員:200名
募集範囲 全国
プログラム内容 特別セミナー@
「支持療法の充実〜チームで行う副作用マネジメント〜」
特別セミナー
「がん治療における食事・栄養管理の実際 〜チームで取り組む食事・栄養管理〜」
ランチョンセミナー
「がんゲノム医療に求められる薬剤師の役割」
教育セミナー@
「臨床試験におけるPatient-Reported Outcomesの正しい評価方法」
パネルディスカッション
「Patient-centeredの医療の充実を目指して」
参加費 会員3,000円、非会員7,000円
問合せ先 第27回オンコロジーセミナー 運営事務局
(株式会社プロアクティブ内)
〒650-0034 神戸市中央区京町83 三宮センチュリービル3階
TEL:078-332-2505 FAX:078-332-2506
(平日9:30〜18:00)
WEBサイト http://www.oncom.jp/
認定病院患者安全推進協議会 2019年度第2回 院内自殺の予防と事後対応のための研修会
開催日時 2020年1月25日(土) 10:30〜18:00
終了日時 2020年1月26日(日) 9:00〜17:00
会場 公益財団法人日本医療機能評価機構
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
TEL 03-5217-2326
テーマ(主題) 重大医療事故である入院患者の自殺事故の予防と、自殺事故後の対応、そして事故後のスタッフケアについて学 んでいただくとともに、自身の所属する病院における具体的なメンタルヘルス対策の実践を可能とする研修です。
代表者 研修プログラム責任者
河西 千秋(札幌医科大学 医学部 神経精神医学講座 主任教授)
対象者 病院にご所属の方。病院の種別(一般・精神・療養)、精神科の有無は問いません。
参加者の職種・経験は問いませんが、研修会で得た知識とノウハウを病院に持ち帰り、院内で自殺予防・事後対 応のプランニングや実務を担当する方の参加をお待ちします。
定員:36名
募集範囲 全国
プログラム内容 【講義】
病院内の自殺事故/自殺学の基本について(がん患者の自殺/ホットスポット対策 等)/病院内での自殺予防 の実践(2次予防)/3次予防/遺族外来

【実習】
ホットスポット対策/表情認知/コミュニケーション・傾聴/死にたい気持ちへの対応/スタッフケア の実践/自殺予防の対策・システム構築
参加費 認定病院患者安全推進協議会の会員病院にご所属の方 40,000円
それ以外の病院にご所属の方 45,000円

税込、テキスト・DVD・昼食代込
事前振込制。お振り込みいただいた参加費は返金いたしませんので、予めご了承ください。
申込方法 以下のウェブサイトからお申し込みください。
https://www.psp-jq.jcqhc.or.jp/post/seminar/6220
申し込み期間 認定病院患者安全推進協議会の会員病院 2019年10月25日(金)〜12月25日(水)
それ以外の病院 2019年11月8日(金)〜12月25日(水)
定員になり次第受付終了。グループワーク中心の研修会のため、参加確定後のキャンセルはご遠慮ください。
問合せ先 [問合せ先] 公益財団法人日本医療機能評価機構 教育研修事業部 認定病院患者安全推進課
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
(担当者)柴田、横山 TEL:03-5217-2326 FAX:03-5217-2331
E-Mail :p0031_info_psp_office●jcqhc.or.j
WEBサイト https://www.psp-jq.jcqhc.or.jp/