日本緩和医療学会
English Page
Youtube Twitter Instagram line  サイトマップ
line
専門医認定制度
専門医・認定医セミナー
第4回専門医・認定医セミナー(2021年度)
[旧名称:専門医セミナー]

 日本緩和医療学会専門医認定・育成委員会では、緩和医療に関する能力の向上と生涯学習を目的に、緩和医療専門医や緩和医療認定医を取得した医師を対象とした「専門医・認定医セミナー」を開催いたします。
 本セミナーは、2022年度より緩和医療専門医の更新要件、2024年度より緩和医療認定医の更新要件となります。
 また第4回専門医・認定医セミナーは、2021年1月10日(日)に開催されました第3回専門医セミナーと同様の内容となります。重複のお申込みにご注意くださいませ。

主催 : 日本緩和医療学会
日  時 2021年6月26日(土)12時30分〜18時
会  場 Zoomミーティング
※申込完了された方にURLをご案内します。
費  用 3,000円
※尚、ご入金後にキャンセルされた場合、ご返金いたしかねますので何卒ご了承下さい。
募集人数 250名(予定)
参加資格 日本緩和医療学会 会員
かつ、下記の「参加要件・注意事項」に同意いただける方
募集期間 2021年3月23日(火)10時〜2021年6月11日(金)
申込方法
表示処理中です
2021年3月23日(火)10時より当ページに申込フォームを設置し、一般受付を開始します。
※募集を締切ました
セミナー
資料  
事前にセミナー資料をメールにてお送りします。6月22日まで案内が届かない場合は6月24日までに事務局お問合せください。
備  考 ・Zoomの公式ページでテスト参加が可能ですのでご利用ください(Zoom公式
・「臨床倫理」のプログラムにおいて、Zoomミーティング機能を使ったグループディスカッションを予定しております。
・当日の参加受付は行いません。必ず事前申し込みを行って下さい。
参加をご希望の方は、下記の「参加要件・注意事項」に同意いただいた上で、お申込みをお願い致します。
【参加要件】
  • 「カメラ」と「マイク」が必須となりますので、必ずご用意ください。「マイク」はグループワーク時に使用します。
  • セミナー中は出欠確認の為、常時「ビデオはオン」にしていただきます。
  • Zoomのログ(入退室記録)により出欠確認を行います。※原則、遅刻・途中退室は厳禁です※
  • セミナー終了後にアンケート、レポートを提出していただきます。
  • 全プログラムへの出席およびレポート提出により修了となります。両方が確認できない場合、修了証は発行されません。
【注意事項】
  • 当日、参加者様ご自身のシステムトラブルについては学会側で対応致しかねますこと、ご了承ください。
  • Zoomにログインする際は「お申込み時」と同じ「メールアドレス」「お名前」でご入室ください。こちらの情報が異なっている場合、出欠ログの照合が困難になりますのでご注意ください。
  • 本セミナーは、2022年度より緩和医療専門医の更新要件となります。
  • 本セミナーは、2024年度より緩和医療認定医の更新要件となります。
  • 本セミナーは緩和医療専門医、緩和医療認定医の試験対策を目的としたセミナーではございません。
  • 以上の内容に変更等が発生した場合、さらに詳しい内容が決定した場合には、ホームページにてご案内させていただきます。定期的にホームページの更新内容をご覧下さい。
  • 2021年1月10日(日)に開催されました第3回専門医セミナーと同様の内容となります。重複のお申込みにご注意ください。
■タイムスケジュール
時間帯講演タイトル/講師名(敬称略)
12:30〜12:40 開会の挨拶
 柏木 秀行(専門医セミナーWPG員長)
12:40〜13:40 必須知識Up to date
 小田切 拓也(小牧市民病院 緩和ケア科)
 山口 崇(甲南医療センター 緩和ケア内科)
 専門医として、最新の知識について学んでおくことはとても重要なことで
す。本講演では、毎回2名の演者がトピックスとなるいくつかの論文を紹介
し、その結果を踏まえ、臨床にどのように生かしていくのかを紹介していき
ます。
13:40〜13:55 質疑応答・個人振り返り
13:55〜14:55

専門医向け行動経済学
「高齢がん患者の治療の意思決定(ACP)をどのように支援するか?行動
経済学的アプローチ」

 平井 啓(大阪大学 人間科学部研究科)
 高齢がん患者の意思決定支援を行うためには、意思決定それ自体がもつ
困難と、高齢者やがん患者特有の困難を理解し、それぞれに対応する形で
の支援方法を行う必要があります。本講演では、行動経済学の視点から、
患者に対する理解とその支援について、実践的な内容を踏まえながら解説
します。

14:55〜15:10 質疑応答・個人振り返り
15:10〜15:20 休憩
15:20〜17:20 臨床倫理
「臨床倫理の型を学んでくずす−オランダの対話的技法
MCD (moral case deliberation) を紹介しつつ」

 服部 健司(群馬大学 大学院医学系研究科)
 四分割表、臨床倫理委員会、倫理コンサルタント。米国発祥のこの3つ
が世界標準であるかのように見られがちですが、けれども欧州北西部では
それらとは対極的な方法(MCD)が盛んです。その特徴、手順と柔軟な使
い方、本邦の臨床現場に導入するための工夫の仕方を、ケース検討を通し
て学んでまいります。
17:20〜17:35 質疑応答・個人振り返り
17:35〜17:40 研修修了式
閉会の挨拶

 久永 貴之(専門医認定・育成委員会 委員長)