line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.88
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2020  88
理事就任挨拶
理事就任のご挨拶

京都大学大学院医学研究科
田村 恵子


 このたび理事を拝命いたしました京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 緩和ケア・老年看護学分野の田村恵子でございます。代議員ならびに理事選挙におきまして、皆さまから多大なご支援を賜りましたことに感謝申し上げます。昨期までは国際交流委員会の委員長として、韓国、台湾をはじめとする諸学国との継続的な交流の支援を中心に取り組んで参りました。成果としましては、COVID-19感染症の蔓延でWeb開催となりましたが合同大会においてアジアセッションを企画・運営することができました。次期も引き続き国際交流委員会委員長を仰せつかりましたので、皆さまに対して継続的な国外の情報提供を行うと共に、関連する主要な学会、団体との学術・教育・診療などの交流活動の推進を目指して活動を進めたいと考えております。
 今期は、副理事長という大役を仰せつかりました。COVID-19感染症の蔓延で学会運営そのものを根本から検討する必要がさまざまな場面で生じており、パラダイムシフトが求められていることを痛感しております。木澤理事長、所事務局長、下山副事務局長、そして事務局スタッフの皆様と共に、そうした事柄に迅速にかつ誠実に取り組み、対応させていただきたいと思います。また、医師以外の職種の視点から、新しい風をお送りすることにも取り組みたいと考えておりますので、お気づきの点がございましたら遠慮なくお申し出下さい。
 2年間、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

Close