line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.88
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2020  88
理事就任挨拶
理事就任ご挨拶

飯塚病院 連携医療・緩和ケア科
柏木 秀行


 この度、日本緩和医療学会の理事を拝命いたしました、飯塚病院 連携医療・緩和ケア科の柏木秀行です。選出いただき、心から感謝申し上げると同時に、身の引き締まる思いです。
 私は筑波大学医学専門学群を卒業し、福岡県の飯塚病院総合診療科で内科トレーニングを経て、緩和ケアに本格的に関わるようになりました。緩和ケア病棟の立ち上げや、地域の緩和ケアリソースをつなぐ訪問診療、そして緩和医療専門医取得といった経験を通じて、さまざまな出会いをいただきました。日本緩和医療学会に関しては、専門医セミナーのWPG員長、緩和ケア研修モジュール検討WG員長、安全・感染委員会の委員長といった、教育と育成に関する役割を中心に日本緩和医療学会に関わってまいりました。また、P-CREG(Palliative Care Research and Education Group)の事務局活動を通じて、全国の若手緩和ケアスタッフのネットワーキングに取り組んでいます。
 私は@緩和ケア人材の育成に関わる施設の支援体制構築、A非がん疾患に対する緩和ケア提供の確立、の2点が重点的に取り組む課題として活動してまいりました。2期目となるこの2年間は、これまで以上に活動的に取り組んでまいります。緩和ケアの様々な分野と同様、多くの方の協力の元に進めていく分野です。引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

Close