line
専門医認定制度
専門医

専門医試験症例報告書 申請要件と書式変更のご案内

専門医認定・育成委員会
委員長 橋口 さおり

 本学会における専門医申請には、20例の症例報告書の提出が必要ですが、症例報告書の記入につき、どこに重 点を置いてどのように記載すればよいのか、また評価基準がわからないとのご意見がありました。そこで、下記 のように書式を変更し、記載しやすいようにいたします。下記の書式・良い例・悪い例をご確認下さい。

1)
症例報告書に課題症例を設定します。
 この度新たに症例区分として7項目(「身体症状(疼痛)」「身体症状(疼痛以外)」「精神症状」「せん 妄」「終末期の鎮静」「社会的な関わり」「スピリチュアルな関わり」)を設けました。課題症例として、1項 目あたり必ず1例以上を提出することとします。書式には症例区分をチェックする欄を追加しましたので、申請 時に7項目のうち1つ(複数選択不可)をチェックしてご提出下さい。なお、症例区分はそれぞれ問題の中心と なる症例を1つのみ選択して頂きますが、全人的な視点でアセスメントが行われているものが望ましいです。
 また、選択肢には「その他」がありますが、こちらは課題症例の対象ではありませんので、必ずしも選択する 必要はありません。中心となる症例が7項目いずれにも該当しない場合のみ「その他」をご選択下さい。
 それぞれの項目につき1件以上の症例報告書がない(申請条件を満たさない)場合には、審査の対 象外となりますのでご注意ください。なお、症例は認定研修施設と非認定研修施設の症例を問いま せん。
2)
認定研修施設外研修にて症例報告書を作成される場合用に、「指導責任者:認定研修施設外研修の場合」という項目を追加しました。
3)
症例報告書の評価項目・および2013年度専門医申請書類は本年4月1日までにホームページ上で公開します。
※現在公開しております専門医申請書類は2012年度のものです。ご注意下さい。
4)
症例報告書審査で不合格となった受験生に対し、平成25年度以降、その内容をフィードバックいたします。

問合せ先
 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会事務局
  担当 : 彌田(やだ)
  TEL. 06-6479-1031 / FAX. 06-6479-1032
  E-mail :
PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です
Adobe Reader を取得お持ちでない方は左のボタンをクリックしてAdobe ReaderダウンロードページよりAdobe Readerをダウンロードしインストールして下さい
サイトマップEnglish Page