line
サイトマップEnglish Page
専門医認定制度
専門医

特定非営利活動法人 日本緩和医療学会
専門医更新制度について

※2012年(平成24年)4月1日認定の専門医が対象となります。

2016年度更新申請要項はこちら

 日本緩和医療学会では、緩和医療専門医(以下「専門医」)の緩和医療における専門性を維持・向上させるため、専門医資格に更新制度を導入します。更新申請を希望する専門医は、所定の期日までに下記の手続きを完了し、専門医認定更新試験に合格することが必要です。申請前に本年4月1日に本学会ホームページに掲載します 「専門医認定制度細則」、「専門医関連Q&A」、「研修カリキュラム」を必ずご確認下さい。

1. 申請条件
1)
緩和医療専門医であること
2)
専門医として認定された後、引き続き緩和医療に従事していること
3)
更新申請する年の5年前の4月1日から更新申請する年の3月31日までに、業績として所定の単位数を取得していること
4)
専門医認定更新試験を受験し、一定の基準に達していることが認められたもの
5)
当該年度までの会費を納めていること
2. 更新に関する日程(認定年度別)
認定日 実績対象期間 更新申請時期 更新認定日
2012年4月1日 2011年4月1日〜
   2016年3月31日
2016年9月 2017年4月1日
2013年4月1日 2012年4月1日〜
   2017年3月31日
2017年9月 2018年4月1日
2014年4月1日 2013年4月1日〜
   2018年3月31日
2018年9月 2019年4月1日
※認定期間についての詳細は、「専門医関連Q&A」のQ&A「U4-1」をご参照下さい。
3. 専門医更新に必要な業績単位数
 業績は、「学会・セミナー出席」、「学会発表」、「論文・著書」、「教育実績」の4群に分け、単位に換算します。更新を申請する年の3月末日までの5年間に、各群合わせて40単位以上の取得が必要です。
1)
学会・セミナー出席
  • 本学会学術大会、及び本学会教育セミナーは出席1回10単位とし、5年間で、学術大会出席1回以上を含む20単位を必須としますが、3回以上出席しても単位数は20単位が上限です。
    なお、本学会学術大会参加証の再発行は出来かねますので、大切に保管をお願い致します。
  • 緩和医療関連学会、基本領域の学会については、出席回数にかかわらず上限は6単位とします。すなわち、本群で取得できる最大単位数は26単位です。
  • 緩和医療関連学会、基本領域の学会の地方会は単位がつきませんのでご注意下さい。
    本学会学術大会 10単位
    本学会教育セミナー 10単位
    緩和医療関連学会・基本領域の学会  
    • 緩和医療関連学会とは、以下の学会です。
      • 日本癌学会
      • 日本癌治療学会
      • 日本サイコオンコロジー学会
      • 日本ペインクリニック学会
      • 日本放射線腫瘍学会
      • 日本臨床腫瘍学会
      • 日本プライマリ・ケア連合学会
    • 基本領域の学会とは、以下の18学会です。
      • 日本内科学会
      • 日本小児科学会
      • 日本皮膚科学会
      • 日本精神神経学会
      • 日本外科学会
      • 日本整形外科学会
      • 日本産科婦人科学会
      • 日本眼科学会
      • 日本耳鼻咽喉科学会
      • 日本泌尿器科学会
      • 日本脳神経外科学会
      • 日本医学放射線学会
      • 日本麻酔科学会
      • 日本病理学会
      • 日本臨床検査医学会
      • 日本救急医学会
      • 日本形成外科学会
      • 日本リハビリテーション医学会
    3単位
2)
学会発表
  • 本群で取得できる単位数の上限は20単位とします。
  • 1学会において、筆頭演者、共同演者を含めて複数の発表がある場合は、それぞれについて規定の単位数が認められます。
  • 発表の内容は、緩和医療に関するテーマに限ります。
    本学会学術大会 筆頭演者(口演・ポスター) 5単位
    共同演者 4単位
    緩和医療関連学会
    ・基本領域の学会
    筆頭演者(口演・ポスター) 3単位
3)
論文・著書
  • 本群で取得できる単位数の上限は20単位とします。
  • 論文に関しては、英文か和文か、収載された雑誌にインパクトファクター(impact factor、以下IF)がついているか、IFがない場合は査読があるか、の3項目について以下のように分類し、単位を設定します。以下の単位数は筆頭著者に対するもので、共同著者についてはその0.8倍の単位数とします。これは、専門医を目指す医師の育成を推進することを目的に設定されました。
  • 収載雑誌の名称や論文の種類(原著、症例報告、総説など)は問いませんが、内容は緩和医療に関するテーマに限ります。
      筆頭 共同
    英文 IF あり 15単位 12単位
    IF なし* 査読 あり 10単位 8単位
    査読 なし 5単位 4単位
    和文 査読 あり 8単位 6単位
    査読 なし 4単位 3単位
    本学会学術誌 (Palliative Care Research) 10単位 8単位
  • 著書に関しては以下の通りで、緩和医療に関する内容に限ります。
      筆頭 共同
    緩和医療関連学術書・教科書 英文 10単位 8単位
    和文 5単位 4単位
    一般書 英文 5単位 4単位
    和文 2単位 1単位
4)
教育実績(緩和医療に関する教育に限る)
  • 本群で取得できる単位数の上限は10単位とします。
    学会教育セミナー講師 5単位
    教育機関での講義(*1) 5単位
    指導者研修会講師 3単位
    緩和ケア研修会講師 2単位
    医療機関等での講義(*2) 2単位
    *1:大学等の教育機関での講義、多職種の専門教育の講義とします。
    *2:地域対象の講義等とします。企業が主催または共催するものは除きます。
4. 更新申請の流れ
9月 更新申請の受付期間
11月中旬 書類審査結果の通知
11月中旬〜翌年1月末日 書類審査合格者の更新試験の受験期間
翌年3月 認定証送付
翌年4月1日 更新認定
※年度によって、多少前後することがあります。正確な日程は、当該年度の「更新申請要項」をご参照ください。
5. 提出書類
1)
緩和医療専門医更新申請書 職歴および診療実績(1) (本学会所定の用紙)
緩和医療専門医更新申請書 職歴および診療実績(2) (本学会所定の用紙)
※(2)は、(1)と別施設での実績がある場合のみ記載してください。
2)
緩和医療専門医更新業績書 業績1部[6枚](本学会所定の用紙)
3)
業績を証明する写しまたは原本1部
4)
更新申請料20,000円の払込金受領証の写し1部
5)
返信用郵便はがき1枚
・宛名面に申請者の住所・氏名を記載すること
6)
その他、募集要項で求めるもの
※「6) その他、募集要項で求めるもの」については当該年度の「更新申請要項」をご確認ください。
6. 更新試験について
 更新試験はご自宅のPCでWEB試験を受験していただきます。学会からの書類審査合格通知にて詳細をご案内いたしますので、案内に沿って受験申込手続きをお進めください。
1)
受験期間:申請年の11月中旬〜翌年1月下旬まで
2)
受験料:1回あたりクレジットカードでお支払いの場合 1,685円(手数料含)
         コンビニエンスストアでお支払いの場合 1,800円(手数料含)
         (更新申請料20,000円とは別途必要です)

受験期間中は、何度でも受験は可能ですが、1回あたり上記受験料が必要です。
その場で結果レポートが発行されるので、ご自身で保管してください。合否結果は学会で確認できますので、報告は不要です。
更新試験合格後、学会よりの合否通知の発送はありません。合否確認後、3月に新しい認定証をお送りします。
7. 問合せ先
 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会事務局
  担当 : 前田
  TEL. 06-6479-1031 / FAX. 06-6479-1032
  E-mail :
PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です
Adobe Reader を取得お持ちでない方は左のボタンをクリックしてAdobe ReaderダウンロードページよりAdobe Readerをダウンロードしインストールして下さい