line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.89
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2020  89
理事就任挨拶


ベルランド総合病院 緩和ケア科
山ア 圭一


 この度、初めて日本緩和医療学会理事を拝命致しました、ベルランド総合病院 緩和ケア科の山ア圭一と申します。代議員および理事選挙におきましては、会員の皆様から多大なるご支援を賜り誠に有難うございます。それと同時に本当に身の引き締まる思いでいっぱいです。
 私は滋賀医科大学を卒業後、大阪市立大学旧第二外科で、肝胆膵外科医として肝移植などに携わり、市中病院に赴任してからは、消化器外科医、肝胆膵外科医、乳腺外科医として、患者さんの最初から最期までのトータルケアを行い、その過程で緩和ケア・緩和医療の重要性に気付きました。緩和ケアチームのチームリーダーとして活動し、緩和医療専門医を取得し、さらには緩和ケア病棟を立ち上げました。私はがん治療医かつ緩和ケア医であり、診断時からの緩和ケアを自ら実践し、がん治療医の気持ちも分かる緩和ケア医であると自負しております。今まで、学会活動では、関西支部長ならびに緩和ケア普及啓発委員会で活動させていただきました。さらには第1回日本緩和医療学会関西支部会大会長として、支部学術集会を開催させていただき、緩和ケア・緩和医療の普及に努めてまいりました。しかし、実臨床では、いまだに「治療がないから緩和ケアへ」、「命が限られているから緩和ケアへ」と言うことを耳にし、緩和ケアという言葉さえ知らないという患者さんも沢山いらっしゃいます。この現状を少しでも改善できるよう邁進したいと思います。
 今回、健康保険・介護保険員会の委員長を仰せつかりました。緩和ケア・緩和医療において、保険適応外ということが沢山あるかと思います。本当に必要なことが少しでも保険適応になるよう、多くの方々の協力の元に進めていく所存です。
 微力ではございますが実臨床の最前線にいる理事としてしっかり仕事をし、学会と学会員の皆様のために汗をかきたいと思っております。これからの2年間、ご指導ご鞭撻を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

Close