line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.89
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2020  89
理事就任挨拶
理事就任にあたって
島根大学医学部 麻酔科学
附属病院緩和ケアセンター
齊藤 洋司


 この度は、日本緩和医療学会の理事に選出いただき誠にありがとうございます。
 日本における緩和ケアの普及、充実は急速な勢いで進んでおり、日本緩和医療学会への期待と果たすべき役割も、ますます大きなものとなってきています。一方、新型コロナウイルス禍によって医療はもとより社会活動、経済活動、すべての人々の生活は、これまで想像することもできなかった状況に直面しています。学会の果たすべき役割、それを担うための学会運営も新しい常態への対応が求められています。新型コロナウイルス禍の大きな課題は、状況が急速に変化し、予期できないことにあります。この大禍の中、本学会も状況の変化に対して、迅速に、臨機応変に対応していくことが最重要課題です。緩和ケア外来、緩和ケア病棟、緩和ケアチーム活動、そして在宅緩和ケア、現場において感染制御と、人と人との大切なつながりを両立させるための具体的なケア体制の構築は必要不可欠です。
 私は、副理事長をはじめ、中国四国支部長、ならびに、将来構想委員会、用語委員会、国際交流委員会、地区委員会、学術委員会の委員長、委員として日本緩和医療学会の運営、活動に関わってまいりました。これまでの経験や学会活動を礎として、本学会と地域活動を結び支える役割を果たしながら、この難題に取り組んでいく所存です。
 皆さまの声をいつでもどこでも気軽にお聞かせいただくことをお願いして、理事就任のご挨拶とさせていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

Close