line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.81
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2018  81
理事就任挨拶
岡山大学病院 緩和支持医療科
松岡 順治




 岡山大学病院、緩和支持医療科の松岡順治です。
 この度日本緩和医療学会の理事に選出いただきました。ご支援いただきました方々に感謝するとともに、しっかり働いて会員の皆様にご恩返しをと考えております。
 がん対策基本法の成立と前後して、緩和医療に対する期待が大きくなり、認知度も深まり、体制もそれ以前より充実してきました。行政の緩和医療への支援と国民の従来の医療への反省とより良い医療への期待が両輪となって緩和医療を推進してきたものと考えられます。しかしながら現在の緩和医療の体制には未だ問題が山積していると考えます。緩和医療を教育する講座は増えたとはいえ、未だ正式な講座は少なく、がんプロ補助金や病院措置により存在しているところがほとんどです。これでは教育者の育成は望むべくもありません。「診断の時からの緩和医療」というスローガンはがん患者緩和医療の間口は広げたかもしれませんが、すべての人のエンドオブライフを担うべき緩和医療の専門性はかえって薄まってしまった感があります。
 私は理事の任期において、緩和医療の教育組織の充実、エンドオブライフケアとしての緩和医療の専門性の向上、緩和医療のさらなる普及といった問題に取り組んで参りたいと存じます。皆様のご指導とご支援をお願い申し上げます。

Close