line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.81
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2018  81
理事就任挨拶
理事就任のご挨拶
国立がん研究センター中央病院 がん看護専門看護師
細矢 美紀

 この度、理事に再選させていただき、心より御礼申し上げます。がん対策情報センターから病院に異動となり、5診療科の混合病棟の看護師長として勤務しています。当院ではがん対策推進基本計画に基づき、初診時に苦痛のスクリーニングを行い、PEACE研修を修了した主治医と外来看護師が基本的緩和ケアを提供するとともに、強い苦痛や複雑な問題を有する患者・家族には専門看護師や認定看護師による看護相談や緩和ケアチームによる専門的緩和ケアサービスを外来入院問わず継続して提供しており、本学会がこれまで取り組んできた緩和ケアの推進・普及の成果を実感しております。さて、私は今期もガイドライン総括委員を継続させていただくことになりました。本学会は「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」、「がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン」、「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン」、「がん患者の泌尿器症状の緩和に関するガイドライン」、「終末期がん患者の輸液療法に関するガイドライン」、「がん患者の治療抵抗性の苦痛と鎮静に関する基本的な考え方の手引き」、「がんの補完代替療法クリニカルエビデンス」、「患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド」を刊行しており、ガイドライン総括委員会は学術大会の企画セッションや教育セミナーなどにおいて改訂したガイドラインの普及啓発を行っています。しかし、病棟で勤務する立場になってみると、臨床現場は多忙を極め、改訂されたガイドラインを参照する時間がないのが実情です。看護系理事として、ガイドライン改訂事業に尽力するとともに、基本的緩和ケアの提供者である看護師(病院、在宅、施設を問わず)が最新のガイドラインについて知り、臨床で活用できるような普及啓発方法を検討し実行していきたいと考えています。今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

Close