line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.81
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2018  81
理事就任挨拶
理事就任のご挨拶
国家公務員共済組合連合会浜の町病院緩和医療内科
永山 淳




 この度初めて日本緩和医療学会理事を拝命いたしました永山 淳と申します。はじめに代議員選挙、理事選挙を通じて、ご支援いただきました会員の方々に、深く感謝申し上げます。
 緩和ケアを取り巻く状況はこの10年の間にも大きく変わりました。がん対策基本法制定を契機に、診断・治療期からエンドオブライフにかけた多様なシチュエーションにおける緩和ケア提供が当たり前となりつつあります。また対象もがんに限ることなく、慢性心不全をはじめとしたさまざまな疾患への対応が求められるように変わりつつあります。
 このような社会のニーズの変容も受けて、日本緩和医療学会が求められる役割にも変化が生じています。これから迎える多死の時代において、がんのみにとどまらない生命を脅かすさまざまな病気とともに生きる方々が最後までその人らしく生を全うするためには、緩和ケアを必要とするすべての患者さんに、緩和ケアが適切に届けられる体制づくりを欠くことはできません。その実現に努めることが学会の重要な役割であると感じています。
 加えて、安楽死をはじめとしたエンドオブライフの解決していない問題に関して、社会へ責任ある意見を発信していくこと、多様な緩和ケアニーズに応えられる次世代を育成することなど、課題は山積していると考えています。また個人的には、私はもともと小児科医であり、本学会が小児や高齢者、認知症の方、社会資源に恵まれない方など、緩和ケアを受けるべき弱い立場の方々の擁護者たればとも思っています。
 これまで、教育・研修委員、専門的・横断的緩和ケア推進委員、小児緩和ケアWPG長、緩和ケア研修WPG員など、さまざまな立場で学会の中で働く機会をいただいてきました。ご信託に十分に応えられなかった部分もあったかと反省しておりますが、これからの2年間「動く、働く理事」として、改めて真摯に取り組んでまいります。まだまだ新参、若輩で力不足が否めないところもあるかとは存じますが、皆さまからのお叱りやお力添えをいただきながら、わが国の緩和ケアの発展のために身を尽くす所存です。謹んでご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

Close