line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.81
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2018  81
理事就任挨拶
理事に再任されて
国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院支持療法開発部門
内富 庸介




 真摯に学会の再建を考え、汗を流すことにしました。これからの任期で思い残すことがないよう一生懸命手伝わせていただきたいと存じますので、宜しくお願い申し上げます。
 全人的医療のための啓発、ガイドライン、研修は多くの会員の努力で軌道に乗り、今こそ危機感を持って、定款の第一目的である学術活動が求められています。すなわちガイドラインに到るまでの質的研究〜検証的研究、そしてガイドライン発行後の普及実装科学研究〜サーベイランスが欠けています。学術研究による裏打ちの無い全人的医療は、過去を振り返ってみても歴史的に成功が難しいと感じています。
 学会自らが痛みやケアの機序解明を行い、そして無作為化比較試験から質の高いエビデンスを積み重ね、自らの専門性を説明し、患者のQOLや医療者の行動を改善するエビデンスを国内外に輸出し、他分野の学術領域から認められる学術組織への転換点に立っていると言えます。若手育成、診療の質向上を兼ねる臨床研究体制を作り、エビデンスを示して、他領域にも役立つ、次世代を涵養する環境、そして全医学部に緩和医学に関する講座設置を目指しましょう。
 一方、少子高齢化、非がんの緩和ケアの喫緊課題には、多職種、多様な人材を結集してオールジャパンの組織改革を行う、場合によってはそれを達成するために代議員が最終議決する社団法人化なども議論しましょう。透明な運営を通して、個々の利害に陥ることなく成果の最大化につなげ、全国の患者・家族のために汗を流すことを惜しまず、学会運営に貢献したいと思います。特に、2020年の一般社団法人日本がんサポーティブケア学会、一般社団法人日本サイコオンコロジー学会との合同学術集会は、その過程で他分野からのピアレビューが行われ、相互の立ち位置を再確認できるいい機会になればと汗をかきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

Close