line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.75
日本緩和医療学会ニューズレター
May 2017  75
編集後記
 春は出会いと別れの多い季節、皆様の職場ではいかがでしょうか?私事になりますがこの1月に職場を移り、東北地方の仙台から東海地方の名古屋に引越しました。生まれ育った東京ではあまり感じていなかった地元意識を仙台で持つようになり、正月の裸参りに上司共々研究室メンバーで参加したり青葉まつりの稚児行列に子どもが参加したりしたことが懐かしく思い出されます。一方、コンビニはサークルKが立ち並び、きびきびとした運転の車が多い名古屋の土地柄にはすぐに慣れましたが、街のそちこちにある珈琲店の前を素通りするたびに自分が外様なのだと思い知らされます。「あ、モーニング行こう」と自然に思えるくらいに早く馴染みたいです。
 東海地方の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
佐藤 一樹

Close