line
サイトマップEnglish Page
ニューズレター
2015年発行
第66号 〔2015年2月発行〕  [全ページ表示]
タイトル 執筆者
[巻頭言]緩和ケアに携わる看護師へのエール 細矢 美紀
[Journal Club]  予後不良ながん患者のうつ病に対する多職種共同介入の無作為化比較試験:SMaRT Oncology-3研究
患者の終末期のQOLが遺族の自殺念慮に与える影響について

佐藤 一樹

竹内 真帆
[学会印象記]  2014年10月2日「日本サイコオンコロジー学会 第27回総会併催研修セミナー(多職種支援コース)」
2014年10月3〜5日「第8回日本緩和医療薬学会」
2014年11月1日(土)〜2日(日)「第38回日本死の臨床研究会年次大会」

菅原 かおり

中村 和代
日浦 あつ子
[よもやま話]  「大切なものは目に見えない」「大事なことは大抵面倒くさい」…って、読んだり聞いたりしてるけど…
〜活動報告 Interview:まちんなかラウンジ〜

齋藤 義之

龍 恵美
[Journal Watch]  佐藤 一樹
[委員会活動報告]  OJ編集委員会
緩和医療GL委員会活動報告
委託事業委員会
専門医認定・育成委員会

新城 拓也
太田 惠一朗
上村 恵一
橋口 さおり
[専門医認定・育成委員会からのお知らせ]  橋口 さおり
[編集後記]  佐藤 一樹
第67号 〔2015年5月発行〕  [全ページ表示]
タイトル 執筆者
[巻頭言]  大坂 巌
[Journal Club]  インターネットを用いた乳がん患者のピアサポートグループによる参加者の不安・抑うつに対する効果:ヘルパー・セラピー原則(援助者がもっとも援助を受ける)に基づいた無作為化比較試験
終末期入院患者とその家族に治療のゴールを話すときに医療者を悩ませる障害とは

佐藤 一樹


大石 隆之
[学会印象記]  第29回 日本がん看護学会学術集会「先人に学び がん看護の先を読む」 西村 香
[よもやま話]  スピリチュアルメッセージ
緩和ケア研修会「コミュニケーション」の工夫

萬谷 摩美子
秋月 伸哉
[Journal Watch]  佐藤 一樹
[委員会活動報告]  緩和医療GL委員会
国際交流委員会
専門医制度検討委員会

太田 惠一朗
安部 能成
山本 亮
[編集後記]  齋藤 義之
第68号 〔2015年8月発行〕  [全ページ表示]
タイトル 執筆者
[巻頭言]緩和医療における薬剤師・薬学の視点 加賀谷 肇
[Journal Club]ライフレビュー療法の効果に関する系統的レビュー
意思決定の役割における希望と実際およびケアの質評価との関連:がん治療におけるShared Decision Making
肺癌、大腸癌患者における化学療法による治癒の可能性に関する考えとEnd of Life Care
進行がん患者の差し迫った死に関連するベッドサイドの臨床所見
並行したがん緩和ケアの早期開始と遅延開始:ENABLE Vにおける患者アウトカム

佐藤 一樹
青山 真帆

大石 隆之

佐藤 悠子
松本 禎久
[よもやま話]地域包括緩和ケアシステムを目指して
 〜地域緩和ケアセンターの取り組み〜
アラフォーの考える郷土愛

橋本 淳

佐藤 一樹
[Journal Watch] 佐藤 一樹
[委員会活動報告]国際交流委員会
委託事業委員会
GL委員会
看護職セミナー

安部 能成
上村 恵一
太田 惠一郎
小山 富美子
[編集後記] 岸田 さな江
第69号 〔2015年11月発行〕  [全ページ表示]
タイトル 執筆者
[巻頭言]“緩和ケア”とその周辺の用語の定義 細川 豊史
Journal Club 重篤な患者とその家族との治療目標の話し合いに関する障害:多施設医療者調査
Edmonton Symptom Assessment System revised (ESAS-r) 日本語版の妥当性の検証
死亡前一カ月間の侵襲的な治療と緩和ケアが医療費に与える影響
人生の終わりにおける化学療法とPerformance Status、QOL の関係

佐藤 一樹

菅野 雄介
共著:小川 朝生
大石 隆之
石田 大助
学会印象記 第3回医学生・若手医師のための緩和ケア夏季セミナーに参加して 西 智弘
よもやま話 17年ぶりの学生生活
 〜高野山大学別科スピリチュアルケアコース
長崎緩和ケア回顧録

梶山 徹

尾関 あゆみ
Journal Watch 佐藤 一樹
委員会活動報告 緩和医療GL委員会
委託事業委員会

太田 惠一郎
上村 恵一
[編集後記] 家田 秀明