line
サイトマップEnglish Page
ニューズレター
2006年発行
第32号 〔2006年8月発行〕 
タイトル 執筆者
[巻頭言] 地域をつつむ緩和医療 田中 紀章
[総会の総括] 第11回日本緩和医療学会総会を終えて 内布 敦子
[指定演題1] 「ケアのピットホール」感染症対応を考える 加堂 哲治
[指定演題2]
「ケアのピットホール2」腹部症状の対応を考える−がん性腹膜炎、イレウス−
山崎 恵司
[教育講演2] 予後予測について考える 恒藤  暁
[教育講演3] 褥瘡のケアについて考える 田墨 恵子
[教育講演5] 「死にまつわる文化とケアのありよう」 垣添 忠生
[ランチョンセミナー4] ホスピス緩和ケア病棟・チーム・そして外来 恒藤  暁
[ランチョンセミナー5] クリニカルパスがん性疼痛治療の標準化 武田 文和
[一般演題 口演2]
緩和ケアチームの実践と課題/症状緩和のユニークな取り組み
岡田 雅邦
[Journal Club]
Phase II study of donepezil in irradiated brain tumor patients: effect on cognitive function, mood, and quality of life
明智 龍男
[Journal Club]
EORTC QLQ-C15-PALの開発:緩和ケアを受けるがん患者用の短縮版QOL尺度
佐藤 一樹
[Journal Club]
死亡場所の選好に関連する要因−南オーストラリアの一般集団を対象とした調査から−
三條真紀子
[Journal Club]
病院外で管理される深刻ながん性疼痛を伴う患者の皮下ポートシステムによる髄腔内留置カテーテル:感染の危険性
石黒千映子
[学会印象記]
「日本死の臨床研究会関東支部 第13回支部大会in神奈川」に参加して
安部 能成
[学会印象記] 「第39回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会」に参加して 安部 能成
[施設訪問記] 日鋼記念病院 カレス・マーク ホスピス訪問記 安部 能成
[書評] ラッキーガール 安部 能成
Journal Watch 森田 達也