line
ニューズレター
2004年発行
第22号 〔2004年2月発行〕 
タイトル 執筆者
[巻頭言] 私が腫瘍内科医になったわけ 渡辺  亨
[Current Insight]
チーム再考−緩和ケアチームは、どのような種類のチームに属すか?
安部 能成
[Current Insight]
標準的緩和治療、鎮静、安楽死に対する医師と一般人口の見解の相違点
鄭   陽
森田 達也
[Current Insight] がん患者と家族の目線に近づくこと 川地香奈子
[Current Insight]
我が国の緩和ケア病棟における多職種によるチームケアの現状
前山 悦子
[Current Insight]
一般病院における終末期がん患者のケアに対する看護職の困難感
笹原 朋代
[Journal Club]
オキシコドン徐放製剤(オキシコンチン)は神経障害性疼痛に対して有効である:糖尿病性末梢神経障害性疼痛に対するRCTにて
下山 直人
[Journal Club]
Identifying ambulatory cancer patients at risk of impaired capacity to consent to research
明智 龍男
[学会印象記] 第9回日本臨床死生学会 庄司 進一
[学会印象記] 第10回国際QOL研究学会(ISOQOL)印象記 下妻晃二郎
[学会印象記]
Academy of Psychosomatic Medicine第50回記念大会 参加印象記
明智 龍男
[海外便り] セントクリストファーズホスピスでの研修に参加して 安部 能成
[書評]
Robert Twycross: Introducing Palliative Care, 4th. Ed.; Radcliffe Medical Press, 2003 
安部 能成
[書評] 在宅ホスピスケア・緩和ケア−演習形式で学ぶケアの指針 射場 典子
Journal Watch 森田 達也
第24号 〔2004年8月発行〕 
タイトル 執筆者
[巻頭言] 理事長就任のごあいさつ 江口 研二
第9回日本緩和医療学会総会の総括 並木 昭義
[特別講演3] 日本人の死生観 垣添 忠生
[教育講演4] 消化器症状のコントロール 田中 紀章
[教育講演7] 臭気のコントロール 西里 卓次
[教育講演8] 緩和医療における職業倫理 小杉 忠誠
[パネルディスカッション1]
わが国における緩和医療学の普及と進展に関する見解
並木 昭義
[パネルディスカッション3]
苦痛緩和のための鎮静におけるcontroversy : 根拠に基づいた現時点での推奨と今後の課題
志真 泰夫
森田 達也
[ランチョンセミナー3] 緩和医療における光線療法の役割 小川 節郎
[ランチョンセミナー5]
緩和医療とリハビリテーションの接点−トータルペインによる視座から−
渡辺  正
[ポスターセッション] 緩和ケアチーム1  樋口比登実
[ポスターセッション] 鎮痛2 外 須美夫
[ポスターセッション] 代替医療2  谷川 富夫
[ポスターセッション] 副作用2 赤沢 修吾
[ポスターセッション] 化学療法1 渡辺  亨
[ポスターセッション] 化学療法2 幸田 久平
[ポスターセッション] 事例報告1 小林 正幸
[ポスターセッション] 事例報告2 中橋  恒
[ポスターセッション] 鎮痛6 北原 雅樹
[ポスターセッション] 精神5 明智 龍男
[ポスターセッション] リハビリテーション1 進藤 順哉
[ポスターセッション] 鎮静2・褥瘡 中村めぐみ
[ポスターセッション] 治療1 関川 浩司
[ポスターセッション] 治療2 橋爪 隆弘
[ポスターセッション] ホスピス・緩和病棟2 林  章敏
[ポスターセッション] 調査・研究1 福重 哲志
[Journal Club]
乳癌患者における外傷体験、心理的苦痛、PTSDについて
河瀬 雅紀
[Journal Club]
Management of major depression in outpatients attending a cancer centre: a preliminary evaluation of a multicomponent cancer nurse-delivered intervention.
明智 龍男
[学会印象記] 第8回多施設緩和ケア研究会 安部 能成
[学会印象記] 日本死の臨床研究会第11回関東支部大会 安部 能成
[施設訪問記] カンボジア医療見聞録(パートI) 岡田美賀子
[書評] スピリチュアルケア学序説 安部 能成
[書評] 告知−外科医自ら実践した妻へのガン告知と末期医療 中島 信久
Journal Watch 森田 達也
第25号 〔2004年11月発行〕 
タイトル 執筆者
[巻頭言] 日本緩和医療学会に求められるもの 垣添 忠生
[特別講演1] 死の臨床におけるスピリチュアルケアの意味と役割 長山 忠雄
[特別講演2] 緩和医療におけるNBMとEBM 小川 道雄
[教育講演2] 呼吸症状のコントロール 斎藤 龍生
[教育講演3] 精神症状のコントロール 河瀬 雅紀
[シンポジウム3] 緩和ケアチームの現状と展望 下山 直人
[ランチョンセミナー1] オキシコンチン®錠:がん性疼痛管理の夜明け 細川 豊史
[ランチョンセミナー2]
麻薬を用いたがんの痛み治療における患者指導のポイント
平賀 一陽
[ポスターセッション] 緩和ケアチーム2 新田 美鈴
[ポスターセッション] 鎮痛1 村川 和重
[ポスターセッション] 鎮痛3  渡辺 昭彦
[ポスターセッション] 精神2 岡村  仁
[ポスターセッション] 代替医療1 西立野研二
[ポスターセッション] 教育1 河  正子
[ポスターセッション] 体制2 篠崎 文彦
[ポスターセッション] 在宅医療1 長谷川美栄子
[ポスターセッション] 在宅医療2 中山 康子
[ポスターセッション] 緩和ケアチーム3 白土 辰子
[ポスターセッション] 緩和ケアチーム4 安部 睦美
[ポスターセッション] 鎮痛5 古家  仁
[ポスターセッション] 精神3 井上 大輔
[ポスターセッション] 精神4 皆川 智子
[ポスターセッション] 精神6 余宮きのみ
[ポスターセッション] リハビリテーション2 木村 伸也
[ポスターセッション] 鎮静1 砂川 洋子
[ポスターセッション] 疼痛・QOL評価1 篠田 雅幸
[ポスターセッション] 疼痛・QOL評価2 冨安 志郎
[ポスターセッション] 緩和医療活動・体制4 加賀谷 肇
[Journal Club]
Drug therapy for delirium in terminally ill patients(Cochrane Review)
明智 龍男
[Journal Club]
米国における、最後にケアを受けた場の終末期ケアに対する家族の認識
宮下 光令
[学会印象記]
World Society of Pain Clinicians(WSPC)に参加して
下山 直人
[学会印象記]
International Narcotics Research Conference(INRC)に参加して
下山 直人
[学会印象記]
第7回国際サイコオンコロジー学会に参加して
安部 能成
[施設訪問記] カンボジア医療見聞録(パートII) 岡田美賀子
[書評] あなたのためのがん用語辞典 安部 能成
Journal Watch 森田 達也
サイトマップEnglish Page