line
サイトマップEnglish Page
オンラインジャーナル
電子投稿・査読の開始について

Palliative Care Research

電子投稿・査読の開始について

2011年11月1日より兼ねてから検討しておりました電子投稿が開始となりました。今後は投稿、再投稿はホームページを介して行います。査読者への依頼、査読報告、投稿者への査読結果の通知などのやりとりはすべて電子メールで実施します。電子投稿のアドレスは以下になっております。

https://www.editorialmanager.com/pcr/

投稿の方法は投稿規程およびホームページ上の案内をご覧ください。投稿や査読に関してご不明な点がございましたら、編集部までご連絡いただければ幸いです。電子投稿開始時は若干の混乱が予想されますので、何か疑問点や不具合などがございましたらご遠慮なく編集部にご連絡ください。

日本緩和医療学会 学会誌編集部(担当 三輪)
〒113-0031 東京都文京区根津1-4-4 河内ビル 株式会社青海社内
TEL:03-5832-6171 FAX:03-5832-6172
E-mail :学会誌編集部宛てメールアドレス

投稿規程の変更について

本誌は電子投稿の開始に際し投稿規程を変更いたしました。電子投稿の手順に関する追記とともに、症例報告に関するプライバシー保護に関する事項、投稿論文の文字数や図表点数の変更などの修正点がございます。今後、投稿を検討される方は新しい投稿規程に沿って投稿をお願いいたします。投稿規程は下記アドレスから確認することができます。

http://www.jspm.ne.jp/journal/submission.html

査読結果の投稿者への報告方法の変更について

電子投稿および査読の電子化に伴い、査読結果の報告に関しても変更がございます。

査読結果の投稿者への報告は以下の1〜5のいずれかを通知し、必要であればコメントを添えて電子メールでお送りします。それぞれの査読結果をどのように理解したらよいか以下をご覧ください。2および3につきましては適切な修正がなされれば採択の方針ではありますが、適切に修正されない場合や修正後に新たに大きな問題が判明した場合にはリジェクトとなる可能性もございますのでご了承ください。4に関しましては採択の方針については判断を保留するということですので、リジェクトではなく再投稿を促すものであることにご注意ください。

1.採択
修正なしで採択する論文。

2.若干の修正後に採択
投稿された論文を将来的に採択することを前提として若干の記載の追加、語句や文章の変更が必要な論文。

3.大幅な修正後に採択
投稿された論文を採択することを前提として、大幅な修正が必要な論文。緒言の不備、方法の明確化、解析の追加・修正、結果の解釈の変更、考察の変更、結論の変更などが該当します。

4.採択しないが再投稿を推奨
投稿された論文は修正後に採択を再検討する必要がある論文。この項目はリジェクトとは異なり、再投稿の上で採択の方向で考えるかを再検討するという意味です。緒言の不備、方法の明確化、解析の追加・修正、結果の解釈の変更、考察の変更、結論の変更などについて、大幅な追加・修正が必要な場合に該当します。

5.リジェクト
投稿された論文は修正後にも採択は困難であると判断した論文。