line
学会からのお知らせ
シンポジウム開催のお知らせ

委託事業委員会  委員長  加藤 雅志

平成25年度厚生労働省委託事業 緩和ケア普及啓発事業
緩和ケア普及啓発シンポジウム『がんと診断された時からの緩和ケア』
〜がん治療医が今日からできる診断時からの緩和ケア〜 
開催のご案内

開催日時 平成25年10月6日(日)/13:00〜17:00(12:00開場)
会  場 聖路加看護大学 講堂<メモリアルホール>
〒104-0044 東京都中央区明石町10番1号
規  模 300名(参加費無料)
主  催 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会
共  催 一般社団法人 日本がん看護学会
一般社団法人 日本癌治療学会
一般社団法人 日本緩和医療薬学会
一般社団法人 日本サイコオンコロジー学会
一般社団法人 日本ペインクリニック学会
特定非営利活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会
特定非営利活動法人 日本ホスピス・在宅ケア研究会
公益社団法人 日本麻酔科学会
後  援 公益社団法人 日本放射線腫瘍学会
特定非営利活動法人 日本臨床腫瘍学会
対  象 医療従事者、医療関係者、福祉従事者、厚生労働省関係者、都道府県(保健医療関係)担当者、プレス。
主な対象は、「診断時からの緩和ケア」の実践方法等の具体案について共通認識を形成するため医療従事者。
※医療従事者向けですが、どなたでも参加できます。 
お申し込み
Webお申込みサイト http://www.kanwacare.net/sympo/25/
お問合わせ 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会事務局
厚生労働省委託事業 担当係
〒550-0001 大阪市西区土佐堀1丁目4-8 日栄ビル603B号室
TEL. 06-6479-1031 FAX. 06-6479-1032
E-Mail: 委託事業担当宛てメールアドレス
プログラム
オープニング
<総合司会> 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 委託事業委員長 加藤 雅志
<開会挨拶> 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 副理事長    木澤 義之
第1部 基調講演 
「がんと診断された時からの緩和ケア」正しい理解と実践
〜がん治療医が行う緩和ケアとは?〜
・基調講演1『厚生労働省 がん対策推進の立場から』
 厚生労働省健康局がん対策・健康増進課 課長補佐 山下 公太郎

・基調講演2『緩和ケア普及啓発事業の立場から』
 特定非営利活動法人日本緩和医療学会 理事 緩和ケア普及啓発 WPG員長 M 卓至

・基調講演3『緩和ケア医の立場から』
 帝京大学医学部 緩和医療学講座 教授 有賀 悦子

・基調講演4『精神腫瘍医の立場から』
 国立がん研究センター東病院 臨床開発センター
 精神腫瘍学開発分野 精神腫瘍科 科長 小川 朝生

・基調講演5『看護師の立場から』
 聖路加国際病院 オンコロジーセンター がん看護専門看護師 高橋 美賀子
第2部 パネルディスカッション
テーマ:がん治療医が今日からできる診断時からの緩和ケア 5つのアクション
〜からだとこころのつらさを適切に評価しマネジメントするために〜
〜誠実なコミュニケーションと意思決定支援をするために〜
【コーディネーター】
・神戸大学大学院 医学研究科 内科系講座 先端緩和医療学分野 特命教授 木澤 義之
・国立がん研究センターがん対策情報センター がん医療支援研究部長 加藤 雅志

【パネリスト】
・がん治療医(消化器外科)/聖路加国際病院
              消化器一般外科部長・消化器センター長 太田 惠一朗
・がん治療医(消化器内科)/筑波大学 医学医療系 消化器内科講師 遠藤 慎治
・緩和ケア医/帝京大学医学部 緩和医療学講座 教授 有賀 悦子
・精神腫瘍医/国立がん研究センター東病院 臨床開発センター
        精神腫瘍学開発分野 精神腫瘍科 科長 小川 朝生
・看護師/聖路加国際病院 オンコロジーセンター がん看護専門看護師 高橋 美賀子

※プログラム及び講演者は予定であり、最新のプログラムはWebサイトをご覧下さい。

サイトマップEnglish Page